*

私たちの街創りby Abiko A-life

2019年12月26日

同じ街に暮らす等身大の「生活感覚」が大事。「晃南土地」

 

晃南土地は、いつもお客さまやオーナーさま、そして物件のメンテナンスで力を貸してくださる心強いエキスパートの皆さまが、通りがけなど「ついで」とばかりに、気軽にスタッフに会いに来てくださる風景が日常にあります。店頭はいつも、何気ない日常会話をしながらお互いに近況を確認しあい、笑い声が飛び交う、そんな温かな空気が流れています。中澤社長が旅先で少しずつ買い足していくアートが飾られるお店は、スタッフが大切にしている心がけや「いつでもどんな相談でも、気軽に足を運んでほしい。」というお客様への思いが表現されています。

 

営業スタッフがおもてなしの際に大切にしている事を、売買営業部で、部長の山口さん、課長の染谷さんにインタビューしました。お二人の大切にしていることから、会社の在り方が見えてきました。

 

 


 

住まいに関わるご決断をサポートするプロとして、私たちは等身大の「生活感覚」を大切にしています。

 

私たちの仕事は、単に家や土地を売っている訳ではありません。家を借りる、買う、売る、の先にあるお客様の「未来を、幸せを」創るお手伝いをする仕事だと思っています。お客様の一番大事にしている「想い」を理解し、尊重することができるプロである事を大切にし、あらゆる最新情報や詳細な知識を十二分に保有しておくことは無論のこと、何よりも我孫子に暮らす、「等身大の生活感覚」をいつも忘れないようにしています。

 

私たち仲介会社とは、物件を売買する以前に「情報」を提供する仕事だということを、強く意識しています。

 

私たち仲介会社の最も大切な仕事は「情報提供」だと考えています。

仲介会社というのは、お客様に正しい購入や売却の知識、商品情報を的確にお教えしていくのが仕事です。お客様が「ご自身でご判断・ご決断できる」まで、しっかりと情報提供を介してサポートする事を意識しています。

 

メリットもディメリットも的確にお伝えできるのは、情報に精通し、常に最新情報を束ねている専門家だからできる事です。

 

人は知識や情報が不足しているが故に、どうしたらいいかわからない状況は、人生において幾度となくやってきます。学びたい。治療したい。資産運用を見直したいなど。「家を売りたい、買いたい。」も同じです。どれも最後は自らご判断とご決断をしなければなりません。そのために必要な情報をすべてご提供するのが、私たちプロの不動産仲介会社の役目なのです。お客様が何を求めているかを把握して的確な情報を揃え、メリットとディメリットを合わせて情報としてお伝えして差し上げることが何よりも大切になってきます。

 

 

必要なタイミングに、賢くプロを頼る習慣は、人生によき追い風を作る、大きな歯車になる。

 

家を初めて買うとき、手放すとき、多くの場合情報が不足した状態でスタートします。専門的な知識や、常に変わっていく情勢や法律など、専門的な事を理解し、触れていかなければなりません。それをゼロから学び、理解していくというのは、非常に時間がかかりますし、タイミングまでも失いかねません。そうした際に的確に支援していくのが私たち専門家の仕事になります。良きチャンスを掴めるか、逃すか、あるいは誤ったものを掴んでしまうか。選んだ仲介会社の考え方やスタンスによっても、非常に大きく変わってきます。お客様のここでのご選択は、その後に大きく影響します。私たちの仕事はそれほど大きな責任が伴うものだと、常に緊張感を持ち、意識をしています。

 

 

モノではなく、そこで始まるコトをご提供している。お客様には、その先にある未来への期待があります。地元企業には、そうしたお客様の生活に携わる強い責任意識があります。

 

 プロとして、お客様のその先も見えている事。お客様が辿る生活を想像し、メリットもディメリットも正確にお伝えし、お客様が最も納得のいくポイントで、住まいに関するすべきご判断ができることを大切にしています。幸せという財、資産という財に関して、お客様が人生において大きなご判断をされるタイミングです。困ったり悩んだりする時にいつでも頼っていただける会社でありたい。お客様が気軽にご相談にお越しいただける身近な会社として、常に最善のお手伝いをできますよう心がけています。お客様は何かを変えたいから、大きな資産を動かす決意をなさり、行動に移されようとしている。その思いに良き追い風を作り、良き加速をつけて差し上げたい。そういう思いで、チーム一丸となってのサポートを、心がけています。

 

 

温かく迎える。地域で支える。我孫子らしい暖かいコミュニティとの関係づくりができること。地元に根付く企業としての、自慢の「私たちらしさ」です。

 

例えば私たちが仲介し、家を建てられるお客様は、建設会社も地元で、大工さんも私たちの知り合いということが多く、造作から我孫子での素敵な暮らしが始まるよう、兎に角皆、真剣です。他県からいらしても、家づくりをする段階から知らぬ間に地域の暖かい輪に、入っていくきっかけができているのです。それは私たちがとことん地元に根付く企業だからであり、他では決してご提供できないものです。そしてこれが最大の「我孫子らしさ」、人がいい我孫子の魅力だと思っています。どこからいらしても、「いらっしゃい」と暖かく輪に迎え入れてくれるのが我孫子です。どんな人にも「地元」という心地よい居場所を作ってくれるのがこの街の最大の魅力です。「我孫子を好きになってくれたのだから、とことん我孫子の皆で助けよう。」というのが我孫子イズム。なので、街なかでお客様にお会いし、一緒に互いの暮らしや成長を、暖かく見ていける事ができるのは、最大の喜びです。我孫子での暮らしに、晃南土地が「安心できる理由の一つ」になれる、そんな会社を目指し、これからも私たちにしか出来ない「街創り」の活動を続けていきます。

 

 

 

お二人から最後に一言!

 

売買営業/染谷:

お客様と同じ街に暮らしています。引渡し後に会っても恥ずかしくない、お顔向けできないような仕事は絶対にしないと心がけています。同じ街にプライベートの生活があるからこその意識と責任感、緊張感を持ってやっています。いつでも街で、お客様と胸を張って笑顔で気持ちよく会えるようにいたいんです。

 

売買営業/山口:

安心できる。信頼できる。だからこそ、晃南土地はご家族代々でご利用いただけていて、お客様のリピート率が高いのかもしれません。買ってくださった時も、また手放す時もお願い。娘が探している、だからお願い。賃貸で買った家を貸したいんだ、お願い。賃貸のときも安心して住めたからお願い。お願い、お願い。今度よろしく、今度よろしく。が多いです。嬉しい限りです。